目のクマの3種類と種類別の原因

 

目の下にクマがあるだけで、顔が暗く見えてしまいますよね。

 

目のクマを消すためにメイクを工夫するのも一つの手ですが、根本的にクマを撃退するために、原因を解明していきましょう。実はクマには三種類あります。

 

種類別に原因が異なっています。

①青クマ
最も一般的なクマがこの青クマです。

血行が悪くなることによってできてしまいます。寝不足や不規則な生活、疲労やストレスによって血行不良になってしまいます。とくに生まれつき皮膚が薄い人は目立ちます。

②黒クマ
黒クマは加齢とともにできるものです。

年を重ねるにつれて、まぶたの下の皮膚がさらに薄く弱くなっていきます。

目の下の眼窩脂肪という脂肪を支えてくれている筋肉がゆるんでしまい、その下に窪みができるのです。その影が黒く見えることでクマになります。

さらにむくみが生じると、余計に目立ってしまいます。

加齢とともに起こる黒クマの原因は、下まぶたの皮膚が薄くなってしまうことと、加齢によってコラーゲンが減少してしまい、皮膚のたるみが生じることです。

③茶クマ
小さなシミが集まってしまったり、擦れることによる摩擦が積み重なってしまったりすることによる色素沈着が原因となるのがこの茶クマです。

目の周りの摩擦が原因となってシミになるので、目を擦ることが癖になっている人に多いです。乾燥による肌の周期の乱れや肌に合わない化粧品や、洗顔の摩擦が原因です。

どれもメラニン色素が関係しているので、シミと同じ対策が必要となります。

以上の3つのシミ別によって、自分に合った対策が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です