肌の黒ずみってどうやってできるの?

肌の黒ずみには大きく分けて二つの原因があります。

黒ずみの気になる部分をを触ってみて、ザラザラしていたら毛穴に角栓や汚れが詰まっている場合が多いです。

健康な肌の状態だったら、毛穴にホコリや化粧品などの汚れが入った場合でも、肌のターンオーバーサイクルによって、汚れはだんだん毛穴の外に排出されていきます。

しかし、肌のターンオーバーサイクルが乱れてしまうと、正常に汚れを排出することができなくなるのです。

これは角質も同様です。肌のターンオーバーサイクルが乱れて、古い角質が剥がれ落ちることができなければ、古い角質が毛穴の中で詰まってしまい、この角質が皮脂と混ざり、毛穴を塞ぐ角栓となるのです。

また、角栓がつまると毛穴が広がってしまいます。その影響で、広がってしまった毛穴の影が黒く見えて、毛穴が目立つ場合もあります。

黒ずみの気になる部分を触ってみて、ザラザラしていなかったら、メラニンの生成が原因で黒ずみになっている場合が多いです。シミの原因がメラニンの生成であるという話は有名ですよね。

紫外線の影響で、肌がダメージを受けて、肌を守ろうとする働きによりメラニンが生成されます。

このメラニンによって肌にシミができてしまう仕組みです。毛穴にシミができてしまうと、黒ずみになるのです。

また、このメラニンは紫外線の影響だけでなく、肌に刺激を与えると、生成されてしまうのです。肌の摩擦や肌に合っていない化粧品などの余計な刺激もメラニン生成の原因となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です